初心者のための顎ひげの伸ばし方・整え方のヒント

初心者のための顎鬚の生やし方・整え方のヒント

ヒゲルックにしようと考えたら、トリマーを手にする前に知っておくべきことがたくさんあります。3日間伸びた無精ヒゲの剃り方は知っていても、顎ヒゲの整え方は知らない、という方も多いのではないでしょうか?

ヘアスタイルと同じように、アイキャッチーで手入れの行き届いたヒゲスタイルには、高品質なトリミングアイテムを使った定期的なお手入れとスタイリングが必要です。またヒゲを伸ばそうとする前に、あなたに合ったヒゲのスタイルを選ぶ必要があります。どのように選んだら良いのか、さっそくご紹介していきましょう。

顎ヒゲを伸ばそうと思っている方も、今のヒゲスタイルをより完璧にしたい方も、ぜひ参考にして欲しいことがあります。

覚えておいて : 最高のヒゲスタイルを求めよ、さらば与えられん。

顎ヒゲを伸ばす旅には多少のかゆみや不確実な段階が伴いますが、これからお伝えするスイリングとトリミングのノウハウがあれば、いつも夢見ていたスタイルを自信を持って手に入れることができます。

トリミングとは何か、なぜ重要なのか?

あなたが原始人のようなヒゲを目指すのでなければ、ヒゲトリミングはどんなスタイルでも欠かせません。

ヒゲそりとは全ての毛を取り除くことですが、ヒゲのトリミングとは、時間をかけてスタイルを作り上げていくことです。あごヒゲを整えたり、長く伸ばしたり、どのようなスタイルにもバランスとスタイリングが必要になります。

ですから、ヒゲがボサボサに見えないようにヒゲトリマーを使いこなし、どのアタッチメントやダイヤル調整がヒゲをシャープに見せ、手入れの行き届いたスタイルになるのかを見極める必要があります。

いつトリミングする?

ヒゲトリミングに最適なツールを入手したら、あなたの顔の形について探っていきましょう。これから、あなたの顔型にぴったりなヒゲスタイルを見つけるアイデアをお伝えしていきます。

正方形か長方形の顔型の場合、多くはシャープな顎をしているので、やぎヒゲや顎ヒゲスタイルが引き立つでしょう。

ようなヒゲスタイルの場合も、シェーバーを使う前に少なくとも4-6週間はヒゲを伸ばしておくことをお勧めします。ただし、肌のお手入れを怠ってはいけません。毎日洗顔料で洗い、保湿することで、ヒゲが伸びていても健康的な肌を保つことができます。

トリミングの頻度は?

ヒゲが伸びてきたら、整えることも大切です。7-10日に1回程度を目安に整えていきます。その間、ハサミやカミソリでヒゲ以外の産毛などを処理しておくのもよいでしょう。

ごヒゲのネックラインとキワを整える

あごヒゲのトリミングで難しいことのひとつは、ネックライン(首との境目)を形成することです。ネックラインが高すぎると自然に見えませんし、低すぎると雑で魅力のあまりないスタイルになってしまいます。

これらの問題を回避するために、喉仏から指2本分上にあごヒゲの最低ラインを設定することをお勧めします。キワぞり用ヘッドを使用して、このラインより下のすべてのヒゲを取り除き、キワはゆるやかなカーブに整えましょう。

頬のラインには、よりナチュラルに、またははっきりとしたアプローチをしてもよいでしょう。ビジネス向きにひげをスタイリングする場合、頬の一番高いラインのヒゲを直線的に整え、それより上は取り除いていきます。

よりナチュラルにするには、頬のラインを柔らかくカーブさせてトリミングしましょう。このスタイルは、シャープなラインのように頻繁に整える必要がないので、あなたのヒゲトリミングの頻度に応じて選ぶことができます。

トリミングの手順

トリミングで最も重要なことの1つは、最適なヒゲトリマーを選択することです。3mm以上の顎ヒゲの場合は、さまざまな長さの設定とさまざまなアタッチメントを取り付けることができるトリマーをお勧めします。

単にヒゲをきれいに剃りたいのであれば、シリーズ9のシェーバーが適当ですが、ここでは伸びた顎ヒゲをスタイリングするための最良のツールを探していきます。

BT3240などのブラウン ヒゲトリマーなら、回転ダイヤルで39段階に長さ調節ができます。

ヒゲの部位によって長さを変える場合、希望する長さのアタッチメントを装着することを忘れないでください。例えば、1-10mmのアタッチメントは短めのスマートなスタイルに最適ですが、10-20mmのアタッチメントはバイキングのようなワイルドなヒゲに最適です。

トリミングのヒント

トリミングに必要なツールが揃ったところで、さらにヒゲを整えるためのヒントをいくつかご紹介します。

ヒント1: 顎ヒゲに潤いを

まず、シャワーの際はヒゲ用石鹸を使用し、乾かしてからトリミングを始めます。水分をたっぷりと含んだヒゲは扱いやすく、不揃いな部分はどこかを確認できます。

ヒント2: 絡まりをほどく

次に、ヒゲをブラッシングすると扱いにくい絡まりがなくなり、トリマーがヒゲに引っ掛かるのを防ぎます。

ヒント3: 清潔に保つ。

ヒゲと肌を定期的によく洗って清潔に保つだけでなく、トリミングツールのお手入れも重要です。これらを清潔に保つことで、最高の状態を保ち、自慢のヒゲを維持できます。

ハサミVSトリマー

もうひとつの便利なトリミングツールは、古くからある信頼できるハサミです。ハサミは不規則に伸びたヒゲを整え、最後の仕上げに最適です。

ヒゲトリミングのコツを掴むまでは、トリマーは長いヒゲを整えるのに役立ちますが、質の良いハサミやヒゲ用ブラシなどの+αがあれば、ヒゲが伸びるにつれてお手入れがはるかに楽になります。

トリミング後のケア

ここでご紹介したヒゲのお手入れは基本的なものですが、アフターケアも重要です。

ヒゲトリミングの最後のヒントは、新しいヒゲに栄養と潤いを与え、柔らかく保つ高品質のヒゲ用オイルを使うことです。これにより、次回のお手入れが楽になり、埋没毛の可能性も低くなります。

おすすめ商品:

マルチグルーマー

マルチグルーマー

剃る・刈る・整える。1台3役、All in one シェーバー.

ビアードトリマー

ビアードトリマー

20段階のアタッチメントで、ヒゲを思い通りにデザイン