ヒゲのお手入れ方法

ヒゲの
お手入れ方法
ヒゲのお手入れの重要性

ヒゲのお手入れを怠ってしまうと、青ひげや無精ひげになってしまい、周りに「不潔」や「だらしない」という印象を与えてしまいます。だからこそ、理想のヒゲの状態を保つために、お手入れ方法を知ることが重要です。
このコラムでは、日々のお手入れをより簡単にするためのノウハウをご紹介します。ヒゲを洗って丁寧に乾かしてから、実践してみてください。

ステップ別ガイド

動画を見る

ヒゲ専用コーム
(ビアードコーム)

伸びているヒゲは、絡まりやすいという悩みをよく耳にすると思います。しかし、事前にヒゲをとかすことさえできれば、さほど大きな悩みごとにはなりません。専用のコーム(櫛)を使って、こまめにヒゲをとかして絡まるのを防ぐ、という面倒ですが、たったこれだけで簡単にヒゲをスタイリッシュに整えることができるようになります。

ヒゲのトリミング

おしゃれなヒゲを保つために、定期的にトリミングすることが必要となります。ブラウン マルチグルーミングセットは、さりげなくキメる身だしなみには理想的なツールです。2種類のトリミング用アタッチメントで、長めのヒゲも短めのヒゲも、快適に整えられます。高品質かつ耐久性に優れた刃を使用しているからこそ、濃いヒゲにも長いヒゲにも対応することができます。

ヒゲ専用ブラシ(ビアードブラシ)
ヒゲを整え終わったら、今度はブラッシングに挑戦してみましょう。専用ブラシを使えば、ぼさぼさのヒゲもきれいに整います。ブラッシングをすることで皮脂が毛先まで届き、ツヤが生まれるからです。 ヒゲ専用ブラシは、猪毛で作られたものがおすすめです。ただし猪毛は毛質が硬いので、強くブラッシングして肌を傷めないようにご注意ください。ブラシの使い方はまず、適量のオイルを手に取ってヒゲと肌をマッサージします。その後、ブラシを使ってヒゲ全体にオイルを行き渡らせて、柔らかな仕上がりにします。
ヒゲ専用オイル
(ビアードオイル)

オイルを使用すると、ヒゲを伸ばし始めた時の肌荒れを防ぎ、感触の良い柔らかなヒゲを保つことができます。オイルは、さまざまなタイプのものが市販で売られています。アーモンドオイル、グレープシードオイルなど塩基性油が配合されたものがおすすめです。ベルガモット、レモン、サンダルウッドなどのフレグラントオイルもぜひ試して、自分の好みに合ったオイルを探してみてください。

ヒゲ専用ワックス
(ビアードワックス)

その昔、自分たちの祖父たちの時代には、ワックスを使ってヒゲをスタイリングしていました。ヒゲ専用ワックスを使うことで、ヒゲがしなやかになり、ボリュームとハリが出るからです。ワックスは水溶性のため簡単に洗い落とせるので、毛先に表情を出したいと思うこだわりさんには、うってつけのスタイリング剤となります。

ヒゲ自体の健康を考える

見栄えのいい長いヒゲを手に入れる秘訣は2つあります。
①栄養のバランスと、②日々のメンテナンスです。栄養面に関しては、ビタミンやミネラルをバランスよく摂取ことで、ヒゲの発育を促進します。ビタミンA、B、C、E、ビオチンのいずれも、健康的なヒゲには欠かせません。日々のメンテナンスでは、定期的に肌の角質を除去して、肌ケアを促進することが結果的に発毛を促進します。また、保湿剤も使ってうるおいを保つのが良いでしょう。十分な水分補給も、しなやかな毛筆の維持と育毛には効果的です。