スタイリングガイド:
口ひげスタイル

スタイリングガイド
口ヒゲスタイル

口ヒゲスタイルに整える。

大胆で、独特なスタイルのヒゲスタイルをお考えの方には、口ヒゲがぴったりです。
ヒゲスタイルの中でも際立ち、少ないヒゲでも存在感を演出することができます。口ヒゲスタイルはきちんとしたケアが必要になりますが、きちんと整えれば自然な見た目を演出できます。以下の簡単な5つのステップで口ヒゲを作ることができます。

Step 1. ヒゲを2㎝に伸ばす

口ヒゲを作る前に、ほとんどのヒゲのスタイルの場合と同様に、ある程度のヒゲの長さが必要になるので、まずは伸ばしましょう。短すぎず長すぎない、約2㎝の長さが口ヒゲを作るのに適しています。

Step 2. ヒゲを10mmに整える

ワンポイント:1-10mmのアタッチメントを10mmに設定して使用する。

口の上部分を整える前に、不要なヒゲのカットから始めましょう。ブラウン ヒゲトリマーにアタッチメントを付け、調節ダイヤルで口ヒゲの長さを選んでください。1-2㎝の間が通常ベストな長さですが、あなたに似合う長さを選びましょう。全体のヒゲを均一にするために、同じ設定でヒゲトリマーを使ってください。ここで、顔の周り、アゴの下に剃り残しがないかも、確認しましょう。

Step 3. 口ヒゲのかたちを作る

ワンポイント:最初に首から始め、頬、アゴのヒゲを剃り、口ヒゲの周りを形作る。

ヒゲトリマーのアタッチメントを取り外し、直接ヒゲトリマーで口ヒゲを整えます。一番良いやり方は、首、頬、あごの部分を覆って口ヒゲの周りを形作ることです。口ヒゲ周りのみ、ヒゲを残したら、正確な形に整えていきましょう。まずは口ヒゲの横側、最初はワイドにし、徐々に切り詰め、ゆっくりと慎重に剃っていきます。また、左右対称に剃るよう心がけましょう。

Step 4. 口ヒゲをシャープにする

ワンポイント: 付属のGillette カミソリでキレイに剃る。

次に、付属のGilletteカミソリを使い、首、頬、アゴを剃ります。お湯で顔をぬらし、シェービングフォームを付けた後、ヒゲが生えている方向とは逆方向に剃り、口ヒゲの周りのヒゲをしっかり剃ります。


アゴ下や唇の下、またアゴから首につながる剃りにくい部分がきちんと剃れているか確認しましょう。この部分がきちんと剃れていれば完成です。

Step 5. ヒゲのお手入れをする

髭剃り後の乾燥を防ぐために、アルコールの含まれていない保湿剤を顔につけてください。


後は自分の理想に合わせてヒゲを微調整をしていきます。数日ごとに手入れをし、ちがった口ヒゲスタイルを試してみてください。またワックスと香油もうまく使うことで、ヒゲのバリエーションを作ることができます。

その他のヒゲスタイル

イチオシのヒゲスタイルガイドをチェックする。

あごヒゲスタイル

顔立ちを強調させるユニークなスタイル。

ゴーティスタイル

口ヒゲとあごヒゲをバランス良く。

無精ヒゲスタイル

どの顔型にも似合う、時短スタイル。

100%思い通りのスタイリングをはじめる。

ヒゲトリマー

最高39段階までの長さ調節が
できます。

ヘアーバリカン

サッと刈り上げる、理想の
バリカン。

シェーバー

より少ないストロークで
剃りきる。