ウェットシェーピングとドライシェービング、あなたはどちらがお好みですか?

ウェットシェービングとドライシェービング - あなたに合うのはどっち?

シェービング方法はかつてないほど多様化しており、自分にとって最適な方法を探すのは大変です。シェービング方法の大きな違いは、基本的にウェットシェービングとドライシェービングに分けられます。電気シェーバーとカミソリのどちらを選択するかは、個人の好みだけではなく、最もスムーズな使用感と刺激の少なさを考慮して決めましょう。

ウェットシェービングとドライシェービングの違い

昨今の電気シェーバーはシェービングフォームやお湯がなくても肌の上を滑らせることができるので、ドライシェービングが可能です。一方で、シェービング方法を身につける際、最初に意識することが多いのがウェットシェービングです。

カミソリの使用や、あらかじめ肌を濡らしておく方法にも利点があるため、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

また、ブラウンシリーズ9のようなウェット&ドライシェーバーは、毛を柔らかくするために水で濡らさなくても剃ることができます。

ウェットシェービングとは

ウェットシェービングとは

ウェットシェービングは、その名が示す通りお湯の力で肌を整えることから始まります。この従来からあるシェービング方法では、鋭いカミソリを肌に密着させ、刃のストロークにより毛をカットします。

ウェットシェービングキットには、シェービングクリームと1枚刃または複数枚刃のカートリッジ式カミソリが含まれているのが一般的です。

濡れた肌でのシェービングが欠かせないという方には、シェービングフォームやシャワーでも使用できるブラウンシリーズ9のような電気シェーバーという選択肢もあります。

ウェットシェービングのメリットとデメリット

多くの人がウェットシェービングを好む理由は、いくつかのメリットがあるからです。ヒゲを処理するときは、シェービングフォームを泡立てて剃るのが定石です。

ウェットシェービングのメリットとデメリットを知ることで、自分に合った方法であるかを判断できます。

ウェットシェービングのメリット

ウェットシェービングの主なメリットの一つは、お湯とシェービングクリームを使用することにより、肌の上をスムーズに滑らせられることです。ウェットシェービングキットと肌との摩擦が減れば、肌が引っ張られて炎症を起こすことも少なくなります。

濡れた肌はシェービングしやすくするため、刺激が少なくなり、カミソリ負けや埋もれ毛の発生も少なくなります。

理容師なら誰でも知っているように、濡れた毛はカットしやすく、きれいに剃ることができます。

ウェットシェービングのデメリット

ウェットシェービングの方法を知る上で気をつけなければならないのは、擦り傷や切り傷がつきやすいということです。カミソリを使用する場合は、毛の生えている方向に沿って剃るテクニックを身につける必要があります。

また、肌を濡らしたり、シェービングクリームを使用するのは時間がかかり、忙しい朝に行うには少し手間です。

このように、ウェットシェービングは多くの男性に選ばれている方法ですが、いくつかのデメリットもあります。

ドライシェービングとは

ドライシェービングとは

ドライシェービングとは、電気カミソリを使用する、よりモダンな方法です。この新しい技術により、ブラウンシリーズ9のような往復式電気シェーバーはウェットでもドライでもシェービング可能なため、肌を濡らしたりフォームを使用する必要はありません。どのシェービングツールを選択しても、さまざまなスタイラー&トリマーが自分に合ったスタイルに仕上げてくれます。

ドライシェービングのメリットとデメリット

ほとんどの電気カミソリはウェットとドライの両方に対応していますが、ドライシェービングのメリットを知ることにより、自分に合った方法を選ぶことができます。

ドライシェービングのメリット

ドライシェービングが多くの男性に支持される理由は、簡単でシンプルです。お湯やシェービングフォームが不要な電気シェーバーは、時間の節約になります。

ドライシェービングでは、毛の流れに沿って剃っても逆剃りしても、スムーズにシェービングを行うことができるため、カミソリ負けが起こる可能性が格段に低くなります。

また、電動シェーバーやトリマーは、コームやアタッチメントを調整することによりお好みのスタイルを実現できます。

ブラウンのヒゲトリマーには、自分に合った正確なヒゲの長さを選択できる細かいダイヤルが搭載されています。

ドライシェービングのデメリット

ドライシェービングは時間と手間を省くことができますが、敏感肌の方がフォームなしでシェービングを行うと、カミソリ負けを起こす可能性があります。赤みが気になる場合は、電気シェーバーを使う前にフォームを肌に塗布すると、よりスムーズなドライシェービングが可能となります。

電気シェーバーを使用する前には、充電が必要となります。ブラウンシリーズ9は、5分間の急速充電でシェービング1回分に十分なパワーを確保できるため、外出先での使用にも適しています。

ウェットシェービングとドライシェービング - 自分に合うのはどっち?

それぞれのシェービング方法にメリットとデメリットがあります。ウェットシェービングとドライシェービングの選択にあたっては、敏感肌であるかどうか、お風呂で過ごしたい時間の長さ、深剃りしたいかどうかなどを考慮しましょう。ひりつきを最小限に抑え深剃りを求めるには、ウェットシェービングが適していますが、ドライシェービングでは時間を節約でき、どの方向からでも剃ることができます。

シェービング後に赤みが出たり、カミソリ負けを起こすことが多い方は、敏感肌用のシェーバーを選ぶことが重要です。電気シェーバーは刃の数が少なく、肌を引っ張る力が弱いため、刺激が少なくなります。

最適のウェット&ドライシェーバーを見つければ、シャワーの中でも外でもシェービングをすることができ、密着して優しく剃ることが可能な5カットシステムを搭載した往復式シェーバーを楽しめます。ブラウンシリーズ9のウェット&ドライシェーバーは、40,000回のカットアクションで0.05mmもの短い毛をキャッチし、音波振動で優しい剃り心地を実現しています。

よくある質問

おすすめ商品:

ブラウンの電気シェーバー 人工知能テクノロジー搭載モデル ラインナップ

Series 9 Pro

一度で*剃りきる。 だから、肌にやさしい。¹最少ストロークで。¹3日間伸ばしたヒゲを剃った場合を比較

シェーバー替刃

シェーバー替刃

お使いのシェーバーに合うブラウン高性能替刃を検索する