肌のヒリヒリとカミソリ負けの
予防方法

肌のひりつきやカミソリ負けを防ぐ方法

肌のひりつきやカミソリ負けを防ぐための工夫は、シェービングを行う人にとって共通の悩みです。いつものルーティーンに簡単なコツを取り入れることで、カミソリ負けを防ぐ方法を身につけることができます。

シェービング後に炎症や赤みが出る場合は、カミソリ負けが原因です。カミソリ負けの原因は、シェーバーと肌の間に発生する摩擦であり、その原因はシェーバーや使用方法の問題であると言われています。

アドバイス 1:自分の肌に合ったシェーバーを選ぼう

自分の肌に合ったシェーバーを選ぶことは、埋もれ毛やカミソリ負けを防ぎ、肌の炎症を軽減する上で大きな役割を果たします。

電気シェーバーの中には、ヘッドに熱がこもり、肌に炎症をもたらすものがあります。電気シェーバーを使うと肌がほてったりひりつきを感じたりするという方は、ブラウンシリーズ7のテクノロジーを試してみてはいかがでしょうか

ヘッドが360度自由に回転するため、少ないストロークでスムーズに剃ることができます。スタイリッシュな無精ヒゲに挑戦するのであれば、付属のヒゲトリマーヘッドを使って0.5mm程度の短いヒゲを伸ばすことも可能です。

お湯を使うことで毛が柔らかくなり、よりスムーズにシェービングを行うことができます。ブラウンシリーズ5ウェット&ドライのようなフォームやジェルに対応したモデルを使って、お風呂剃りを試してみては。肌を保湿しながらシェービングを行えるため、ドライシェービングでは肌の表面が荒れてしまうという方に最適です。

カミソリ負けの原因は同じ場所を何度も剃ることで、肌に余計な負担をかけてしまうことです。ブラウンの電気シェーバー、シリーズ9は、0.05mmという短い毛をキャッチしてストローク数を減らすことができます。このような効率的なシェービングを行うことにより、肌に与える刺激を最小限にとどめます。

アドバイス 2:シェービング前に行う肌の整え方

シェービング方法を問わず、事前に肌の準備をしておけばスムーズに剃ることができます。シェービングクリームを使う理由は、フォームやジェルが肌を格段に柔らかくし、シェービング時の刺激を受けにくくすることが証明されているからです。

また、古い角質が電気シェーバーに詰まって肌が引っ張られることがありますが、角質除去の方法を知ることでシェービングの摩擦を減らすことができます。

フォームを使わないドライシェービングをお好みの方には、洗顔後に肌がやや腫れがちになるため、シェービング前に肌を休ませることをおすすめします。いずれの場合も、カミソリ負けを引き起こさないよう力の入れすぎにはご注意ください。ブラウンのシェーバーの効率的なテクノロジーは、余分に力をかけずとも機能します。

ヒゲが長めに伸びている場合は、先に毛先を優しく整えることで肌に負担をかけずにシェービングを行うことができます。シェービングを行うごとに刃を水ですすぐか、ブラウンのクリーニングステーションを使用することで刃の潤滑性を保ち、次回に備えましょう。

アドバイス 3:  正しいシェービングテクニックを使う

正しいシェービング方法は、いくつかのポイントを押さえることでマスターできます。

シェービングジェルをやさしく塗布することで、肌への刺激が軽減されます。また、シェービングブラシを使うと、電気シェーバーを使用するすべての部分に潤滑剤を塗布することができます。シェービングブラシはジェルを均一に塗布し、角質をやさしく取り除くことで、シェーバーの性能を最大限に引き出します。

顔全体しっかりと剃るために、空いている方の手で肌を伸ばすようにします。正しいシェービング方法を身につけると、首筋などの剃りにくい部分もしっかりと行き届くようになります。

カミソリ負けを防ぐにはどうしたらいいか、お悩みの方も多いかと思います。最後のシェービングのコツは、毛の流れに逆らって剃らないことです。

アドバイス 4:一番やってはいけないのは、剃った直後の肌に何もしないこと

シェービング後に行う肌のケアは、シェービング前やシェービング自体と同様、あるいはそれ以上に重要です。埋もれ毛がある時は、ピンセットで毛を物理的に抜くことができますが、完全に抜いてしまわないように注意してください。そうすると、より深いところで発毛してしまいます。冷たい水や冷たいタオルを顔に当てて肌を冷やし、毛穴を閉じましょう。また、スプレー式の化粧水を使用し、肌のpHを正常に戻すこともできます。もちろん、シェービングの最後にはアフターシェーブローションの使用が最適です。

おすすめ商品:

ブラウンシェーバーを探す

ブラウンシェーバーを探す

自分に合ったシェーバーを探す