カミソリ・電気シェーバーから 肌を守るシェービング方法

正しい知識とシェーバーで肌トラブルを予防 肌トラブルの対策は、ニーズに合ったシェーバーを選び、正しい使い方・コツを知ることからはじまります。お風呂剃りに対応したシェーバーを選んで、シェーバークリームやジェル、フォームを併用すれば、肌のひりつきも抑えることができます。

アドバイス1: 目的に合うシェーバーを選んで、正しいテクニックを使おう

ニーズに合ったシェーバーを使用し、正しい使い方・コツを理解すること、あるいは、お風呂剃り対応したシェーバーの使用をおすすめしています。シェーバークリーム・ジェル・フォームの使用により、ひりつきを抑えることができます。

アドバイス2: シェービングのための顔の準備のしかた

フォームやジェルを使うと、肌がとても柔らかくなるため、シェービング中のひりつきを抑えやすくなることが実証されています。ただし、フォームを使わないドライシェービングを好む場合は、洗顔後の肌はふやけ気味になるため、シェービング前に洗顔しないようにしてください。ウェットシェービングの場合も、ドライシェービングの場合も、肌にかかる力を一定にしなければなりません。ただし、強く押しつけすぎると、カミソリ負けが起こりやすくなってしまいます。

シェービングのための顔の準備のしかた

アドバイス3: シェービング後は肌をひきしめるケアを

シェービング後のお手入れも非常に重要です。伸びかけのヒゲがまだ残っているときは毛抜きで抜いてもかまいませんが、毛が埋もれて埋没毛になることがありますので、毛根ごと抜かないように気をつけましょう。シェービング後は、冷たい水に顔をつけたり、冷やしたタオルを顔にのせて肌を冷やし、毛穴をひきしめて。化粧水やアフターシェーブローションを使うのもおすすめです。

おすすめ商品

ブラウンシェーバーを探す

自分に合ったシェーバーを探す

ブラウンの電気シェーバー 人工知能テクノロジー搭載モデル ラインナップ

Series 9

一度で*剃りきる。 だから、肌にやさしい。¹最少ストロークで。
¹3日間伸ばしたヒゲを剃った場合を比較