脱毛・除毛・ムダ毛ケアの方法
脱毛・除毛・ムダ毛ケアの方法

脱毛・除毛・
ムダ毛ケアの方法

脱毛によるムダ毛ケア

脱毛によるムダ毛ケア

脱毛とは毛根からムダ毛を抜くことです。通常脱毛すると、以前よりやわらかく細い毛が生えてくるようになります。脱毛のよいところは最大4週間すべすべの肌が続くことです。ここからは、いくつかの脱毛方法における、それぞれのメリット、デメリットを紹介します。

脱毛器による脱毛

使用方法

回転する毛抜きを肌の表面に沿わせて脱毛します。

使用部位

全ての体のパーツに使用可能 – 脚、腕、ワキ、ビキニライン、顔

メリット

最大4週間、効果が続きます。アタッチメントを活用することで、顔などの特別な部分も効率的に脱毛できます。

デメリット

ビキニラインなど場所によっては痛みを伴うことがあります。

ポイント

ブラウンの脱毛器は0.5mmの毛まで捕らえることができるので、毛が伸びるまで待つ必要がなく、気になったタイミングで脱毛できます。

皮膚科医からのコメント

脱毛器による脱毛は毛根から毛を抜いてしまうので、次の毛が生えてきても先端が細く目立ちにくい傾向があります。また、繰り返し脱毛することで埋没毛が減る場合もあります。

ワックスによる脱毛

使用方法

毛が生えている向きに合わせて根元から均一にワックスを塗ります。固まってきたら、ストリップスシートを乗せます。毛の生えている向きと逆向きにストリップスシートをすばやくはがします。

使用部位

脚、ワキ、ビキニライン、眉毛、鼻の下(唇の上)

メリット

数週間効果が続くため、何度も脱毛を繰り返す必要がありません。

デメリット

痛みを伴うことがあります。一度脱毛するとある程度(約2mm)毛が伸びるまで脱毛できず、次の脱毛までに時間がかかります。

ポイント

効果が長続きする方法のひとつ。ワックス処理を採用しているサロンもあります。

皮膚科医からのコメント

ワックス脱毛は肌の乾燥を引き起こすことがあるため、保湿が必要です。

除毛によるムダ毛ケア

除毛によるムダ毛ケア

除毛は肌の表面上に伸びている毛を除くので、かんたんで肌にやさしいのが特徴です。しかし毛根から抜くわけではないので、脱毛よりもこまめなお手入れが必要になります。ここではいくつかの除毛方法についてご紹介します。

脱毛のコラムもあわせて読み、脱毛と除毛の違いを理解しましょう。

女性用シェーバーによる除毛

使用方法

ハサミのような役割で、肌の表面の毛を取り込み、動いている内刃と外刃によってシェービング・除毛します。

使用部位

脚、ワキ、ビキニライン

メリット

簡単かつ安全。カミソリのように肌をぬらす必要がありません。敏感な部位にはよりよい方法です。

デメリット

カミソリやほかの方法ほど効果が長く続きません。ヘッドのお手入れ・クリーニングが必要です。

ポイント

肌にやさしく、クイックな方法としては優秀な選択肢のひとつといえます。

皮膚科医からのコメント

シェーバーを用いた除毛は多くの人にとってやりやすく、肌にやさしい方法です。ただし、肌荒れを起こすこともあるので、肌が赤くなった場合などは使用を中止してください。

カミソリによる除毛

使用方法

ぬれた肌にカミソリの刃を沿わせて表面の毛を取り除きます。

使用部位

脚、ワキ、ビキニライン

メリット

痛みが少なく、素早くでき、効率的。角質も取り除くことができるので、脚などはより美しく仕上がります。

デメリット

効果を継続するには、繰り返しの除毛が必要です。

ポイント

忙しい女性向けの手軽な方法です。

皮膚科医からのコメント

手軽な方法ですが、水でぬらしただけの状態や石鹸を使用しての除毛は肌が乾燥することがあるので、シェービングジェルの使用をおすすめします

脱毛クリームによる除毛

使用方法

化学反応により除毛します。一般的な方法として、クリームを肌に塗り10分間放置して除毛します。

使用部位

鼻の下(唇の上)、ワキ、ビキライン

メリット

痛みが少ない。

デメリット

化学物質のにおいがする製品もあります。肌に合わず肌荒れを起こす場合もあるため、使用前にパッチテストを行う必要があるなど、使いにくい面もあります。

ポイント

顔、ワキなど小さなエリアにおすすめです。

皮膚科医からのコメント

敏感肌の人にはあまりおすすめしない方法です。化学物質が含まれているため、ときに肌荒れやアレルギー反応を引き起こすことがあります。常に使用前に目立たない部位でパッチテストを行うことをおすすめします。