あごひげを自由に整える

あごひげを
自由に整える
あごひげスタイル(ゴーティスタイル)で、トレンドに乗る

ゴーティスタイルは、あご先のヒゲを伸ばして遊ぶ自由なスタイルです。口ひげと組み合わせてみたり、ヒゲの幅・長さを変えてみたり、気軽に楽しめるカジュアルなシーンにぴったりのヒゲスタイルです。
ただ、ひと口にゴーティスタイルと言っても、似合うあごひげの形は人それぞれ異なります。短めに整えたり、無精ひげ風にしてみたり、色々な整え方を試してぜひ自分に合う長さや形を見つけてください。ブラウンのバリカン/ビアードトリマーでの整え方をマスターして、自由なゴーティスタイルを楽しみましょう!

カッコよさの鍵は、「長さ」

ゴーティスタイルのような、あごひげがポイントとなるヒゲスタイルでは、自分の顔の輪郭に合わせて、ヒゲの長さを調整することが重要です。何度も試して、自分に合ったあごひげの長さを見つけましょう。そうすることで、縦のラインが強調され、顔の横幅を狭く小顔に見せることができます。

ゴーティ(あごひげ)スタイルの作り方
ステップ1:無駄なヒゲを剃る

まずは頬とあご下の首元のヒゲを剃ります。特に頬は無精ひげが残らないよう、丁寧に剃りましょう。こうすることで、あごひげがすっきりとし、より際立つようになります。

ステップ2:ヒゲの長さを整える

次に、ヒゲを好きな長さに整えます。ビアードトリマー(BT3040など) はダイヤル式のmm単位調整や追加のアタッチメントがあるため、自分の好みに合わせて、自由自在かつ正確にヒゲを整えることができます。定期的なお手入れで、完璧なスタイルを維持しましょう。

ステップ3:ヒゲスタイルの維持

このステップでのコツは、ヒゲの形を整えることです。特にあご下のラインにつながる両端の口ひげは、丁寧に整えましょう。この部分でスタイルが決まり、ヒゲの存在感が際立ちます。

また、おしゃれなゴーティスタイルをキープするためには、髪の毛同様にお手入れをすることも重要です。2-3日に1回のペースで、髪を洗うついでに、ヒゲもシャンプー・トリートメントをしましょう。

ちょっとしたコツ:

ゴーティスタイルは、ヒゲの幅によって印象が変わります。あごひげの両端の幅が、自分の黒目より内側に収まるとおしゃれに見えます。逆に、ヒゲ幅が広くなると、顔が大きく見えてしまうことがあります