ヘアクリッパーの活用方法

ヘアクリッパーの活用方法

ヘアクリッパーの活用方法

あなたのスタイルに最も合うヘアクリッパーを選んで使う

うまく仕上げるには、自宅でヘアスタイリングする時と同じように目的に合うツールが必要です。理想のヘアクリッパーを手に入れて、活用法を身につけたら、簡単に楽しく、思いのままのスタイリングをいつも楽しめるようになるはず。

ステップ1:目的に合うヘアクリッパーとガードサイズを選ぶ

理想のクリッパーを選ぶには、今後キメたいスタイルをよく考えましょう。不揃いな長さの毛をカットして整えるために、ほとんどの製品にコーム、ガードなどのアタッチメントが付いていますが、一部の製品は刃の角度を調整することもできます。頭全体の髪の長さを揃えておきたいときに、これが活躍します。クリッパーガードについて簡単にご紹介しましょう。グレード7か8で、毛の長さは扱いやすい25mmほど。グレード4より下だと軍隊風になります。クリッパーを選んだら、必ず、自分のスタイルに合う正しいガードを取り付けるようにしてください。ヘアカット専用製品「ブラウンヘアクリッパー」をチェック。あなたに必要なツールが見つかります。

ブラウンヘアクリッパー

ステップ2:カットの前に乾かす。

しずくの落ちるような濡れた髪をクリッパーできちんと切るのはほぼ不可能ですので、切ろうとするのはやめてください。タオルドライをしっかりすると、クリッパーの刃が錆びるのを防げます。また、思いどおりのスタイルに仕上げやすくなります。

ブラウンSeriesヘアクリッパー

ステップ3:最初のカット。

カットする前に、希望の長さに合う正しいガードを取り付けてください。失敗を防ぐために、剃り始めは頭全体に一番長いガードを使います。その後、徐々に短い長さのガードに取り替えて短い部分を剃ります。刃を下向きにしてクリッパーを持ち、ガード先端を軽く頭皮に当てます。スムーズにカットするために、クリッパーを髪の毛の生えている方向とは逆に動かしてください。ストロークごとに、ガードができるだけ多くの髪の毛を刈り込めるようにしましょう。

ステップ4:決まった形を維持する。

ゆっくり刈っても、ほんの数分で仕上がります。慌てると、何ヶ月も失敗を背負って暮らす羽目になります。ペースが一定なら、髪がつれたり、頭皮を傷つけたりすることも避けられます。また、無理なくスムーズにカットすることができます。頭全体を小さなセクションに分けて、頭皮を刺激せずに、カットしたい髪をきれいに刈り取ります。

ステップ5:うなじを整える。

うなじのラインをつるつるにするには、ガードを外してクリッパーを下向きに持ちます。うなじのラインと耳の周囲を慎重にカットします。必ず、クリッパーはヘアラインから下に向かって動かすようにしてください。暗闇で芝刈りはしないもの。それと同じように、自分の目が届かない部分をカットするときは誰かに手伝ってもらいましょう。

ブラウンSeries 5ヘアクリッパーhead

ステップ6:もみあげをシャープに

シャープなもみあげに剃るには、まず、鏡で長さを確かめながら、左右のもみあげの一番下にラインを入れます。ヒゲがもみあげより下に生えている場合は、忘れずにガードを使って、もみあげをヒゲにします。

ブラウンSeriesヘアクリッパーは水道水で洗浄可能

ステップ7:クリッパーを大切にしましょう。

シャープなもみあげに剃るには、まず、鏡で長さを確かめながら、左右のもみあげの一番下にラインを入れます。ヒゲがもみあげより下に生えている場合は、忘れずにガードを使って、もみあげをヒゲにします。

ブラウンが実現する 究極のヘアカット体験