肌のひりつきやカミソリ負けを防ぐには

肌のひりつきやカミソリ負けを防ぐには

肌のひりつきやカミソリ負けを 防ぐには

肌のひりつき防止は、多くの方が気になることのひとつ。

毎日のお手入れにちょっとしたコツを取り入れれば、カミソリ負けのリスクを軽減できます。

アドバイス1:目的に合うシェーバーを買って、正しいテクニックを使おう

目的に合うシェーバーを選択して、正しいテクニックを使うことが、埋没毛やカミソリ負けの防止、ひりつきの軽減に大きな役割を果たします。

キメたいスタイルがどんなものでも、ブラウンが究極のシェービング体験を提供。肌に合うシェーバーで、頼もしい性能を発揮します。ブラウンSeries 9をぜひお選びください。肌のひりつきを起こさずに効率よく毛を除去できる、他社に先駆けたテクノロジーと際立つ性能を実感していただけます。ブラウンºCoolTecに搭載している世界唯一の冷却ヘッドテクノロジーもお勧めです。肌の炎症を冷やして抑え、快適な剃り心地をお楽しみいただけます。もう一つのお勧めが、フォームやジェルと一緒に使えるブラウンWaterFlex。電気シェーバーとはまったく違う剃り心地を、ぜひお試しください。

冷却ヘッドテクノロジーとブラウン°CoolTec。

ブラウンシェーバーを使う前に肌を保護。

アドバイス2:シェービングのための顔の準備のしかた

フォームやジェルを使うと、肌がとても柔らかくなるため、シェービング中のひりつきを抑えやすくなることが実証されています。ただし、フォームを使わないドライシェービングを好む場合は、洗顔後の肌はふやけ気味になるため、シェービング前に洗顔しないようにしてください。ウェットシェービングの場合も、ドライシェービングの場合も、肌にかかる力を一定にしなければなりません。ただし、強く押しつけすぎると、カミソリ負けが起こりやすくなってしまいます。

アドバイス3:シェービング後の肌はすぐにケアしましょう。

シェービング後のお手入れも同様に大切です。ヒゲ剃り前や、ヒゲ剃り中よりもさらに大切とも言えます。伸びかけのヒゲがまだ残っていそうなときは、毛抜きで抜いてもかまいません。ただし、埋没毛になってしまいますので、毛根ごと抜いてしまわないように気をつけてください。冷水に顔をつけたり冷やしたタオルを顔にのせたりして肌を冷やし、毛穴を閉じましょう。スプレー式の化粧水を使って、肌のpH値を通常の状態に戻すのもお勧めです。浸透した化粧水が肌のpH値を整えてくれます。もちろん、目的にかなったアフターシェーブローションを使うことが、シェービングを締めくくる一番の方法です。